スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月3週目 FX

 7月3週目FX

 収支 マイナス16,310円

 2勝 2敗 3分け(ユーロ円、一回2または3万通貨)

 一回あたりの平均損益 利益2,310円 損-11,275円


今週は月曜日に大きめのロスカットがあり、
週では大きくマイナスになりました。
こつこつドカンが修正できていません、
一回あたりの利益の目安を10pとしているのに
その何倍ものロスカットをすると
当然ですが、週をプラスにはできません。


4月からの純粋な勝率
(自分の集計では5p未満は分けとしていました、
 それを純粋なプラスかマイナスかで集計してみました)

 勝率 88.29%

確立の高いであろう場面を待ち、
一回あたりの利益の目安を10pとし
利益を伸ばすことに重点を置かず
マイナスになりそうであれば、同値あたりで
一度取引をやめる、
このことを基本としてから勝率は上がりました。
しかし、月間で収支をプラスで終えることを
連続して出来ていません。
勝率はよいのに、プラスにならないのは
ロスカットの額が大きいからです、
すぐにわかる単純なことです。

勝率を下げて、利益を伸ばし
損切りを例えばですが20p迄として
トータルで利益を目指す、
という方法もあると思いますが
今の自分の実力からすると
利を伸ばす方法は難しいと感じます。
しばらく続けている
確率の高いであろう場面を待ち
一回あたりの利益の目安を10pとし
無理をしない、ということを続けていこうと思います。

であれば、あとは損切りをどうしたらよいか?
ですが、一律で○pになったら損切りというのは
その時々の状況を考慮すると無理と感じます。

 ●最大の損切り幅は、どんな状況であっても決めておく

 ●ポジションを持つ時に損切りポイントを決めてインする
 (その時の状況で、かなりタイトにするか
  若干ではあるがゆるめにする)

この2点を主として、来週になるまで
損切りについてはっきりさせるようにします。
(この点以外にも、自分が今まで気付いていない方法が
 ないかも考えてみます)


7月は今週がマイナスだったので
月間では若干マイナスの収支となっています、
一回の平均利益の額でプラスにできる範囲なので
焦らず、無理をせずの気持ちで
来週を迎えたいと思います。


今週もお疲れまでした。

コメント

非公開コメント

No title

「一律で○pになったら損切りというのは
その時々の状況を考慮すると無理と感じます。」

なぜ無理だとお感じになるのでしょう?

一律での損切り

コメントありがとうございます、

>「一律で○pになったら損切りというのは
その時々の状況を考慮すると無理と感じます。」

例えばですが、-10pipsになったら機械的に損切りする、

比較的値動きの激しい時には、そこにタッチしてすぐ戻すこともよくあると思います。
また深夜など、ほとんど値が動かない時には、
-10pipsに達しなくても、もっと少ないところで
損切りして次のチャンスに備えるのが、
効率的であると感じます。

一律で損切り幅を決めるのではなく、
その時間や、値動きの状況によって
幅を変動させたほうが、良いのではないか?
と今は感じています。

答えになっているでしょうか、
何かありましらた、またコメントお待ちしております。

No title

お返事ありがとうございます。

「一律で損切り幅を決めるのではなく、
その時間や、値動きの状況によって
幅を変動させたほうが、良いのではないか?
と今は感じています。」

良いかどうかで言えば、良いとは思います。誰でも合理的で効率の良いトレードをしたいものですしね。ご自身に損切り幅を変動させる技量がおありならば問題ないと思います。

私がこの記事を拝読して少し気になったのは、その時々の状況を考慮して損切り幅を変動させ、逆に相場に翻弄されてしまうことです。

その時々の状況を考慮して上手く合わせる人。
その時々の状況を考慮するから逆に振り回されてしまう人。

損切り幅を可変させて上手く立ち回れる人。
損切り幅を可変させた損失のバラツキを月間プラスにまとめきれない人。

人それぞれ、持っている技量は同じではないですよね。

要は、時間や値動きの状況によって損切り幅を可変させるトレードは理想的ですが、それは各々の判断力がダイレクトに収支に反映される難度の高いトレードですね。と、私は言っているのです。

すなわち「良いのではないか?」ではなく「ご自身にできるかどうか?」のお話ですね。

一律で○pになったら損切りと言うのは、もしもトレードの最中に熱くなって頭の中が真っ白になったとしても、○pになったら判断や迷う必要は一切なく騙されたつもりでも良いから切るだけですので、想定外の大損はほぼ100%出ることはありません。

必要なのは、本当にエッジがある(月間プラスになる)一律○pの損切り幅と入りの条件の組み合わせを明確に自覚して、そこから逸脱したトレードをしないことです。

もしも私なら、時間や値動きの状況によって損切り幅を変動させると言うより、最も期待値の高い時間と値動きの時だけに大きめに張って、それ以外は捨てます。

自分の望む値動きではない時に(本来の期待値より低い時に)わざわざ損切り幅を変動させてジタバタ勝ったり負けたりして大して儲からないより、一ヶ月間の総ロットが同じなら(リスクの総量が同じなら)どうせなら全てのロットを最も期待値の高い時間と値動きに投入したいですよね。

一律○pの損切りですから、無駄な損切りに感じるトレードも当然あります。

たとえば一律-10pipsのストップでピッタリ-10pips逆行され、ストップを取られてすぐに建値まで戻ったら、バカな損切りをしてしまったと悔やむこともあるでしょう。

けれども、それで一ヶ月終わってみれば安定して毎月プラスになっていたら問題ないですよね。

一律○pでバカな損切りをしてしまったと悔やむかどうかは、損切りをした直後ではなく、一ヶ月終わって月間のトータル収支を見た時に決める。と言う手もあります。

トレードの最中の損切り判断が必要ないぶん損失にバラツキがないので一律○pの損切り幅と入りの条件の組み合わせに本当にエッジがあるなら1回1回の損切りで見れば非効率で無駄な切り方に見えても、トータルでは十分有効なトレードも多々あります。

これは私個人の考え方なのですが、一旦エントリーしたからには、万に一つも自分の許容範囲を越えた損失を出さないために、たとえ不本意な損切りだとしても損切りは絶対に必要です。

自分の許容範囲を越えた損失は各々違うので、自分の損失の許容範囲に合わせて切れば、どこで切っていても損失の許容範囲を守ったと言う意味で無意味な損切りではないはずです。

だから損切りには、無駄な損切りと言うものは存在しないのです。

切りたくない。しかし一旦入ったからには無駄に思えても切るしかない。

ですので無駄なのは損切りではなく、無駄とも思える損切りを発生させてしまった「入り」のほうです。

合理的で効率が良いが己の判断力に収支が左右される難度の高いトレード、一律○pの損切りで効率は悪いが己の判断力を必要としない比較的易しいトレード、どちらのトレードが正しいか?ではありませんよね。自分にできるかどうかのお話です。

1日2日だけならともかく、通常トレードは継続して行うもの。

だとすれば、まずは合理性や効率よりも自分の身の程、自分の技量で無理を感じない、安定して継続しやすいトレード=自分にとってなるべく簡単なトレードであることが大前提。

私はそう思っています。

No title

連投になり申し訳ございません。

「例えばですが、-10pipsになったら機械的に損切りする、比較的値動きの激しい時には、そこにタッチしてすぐ戻すこともよくあると思います。また深夜など、ほとんど値が動かない時には、-10pipsに達しなくても、もっと少ないところで損切りして次のチャンスに備えるのが、効率的であると感じます。」

上記について。

損切り幅を変動させて動きの異なる相場に対応しようとなさるのは一見合理的に思われるかも知れないですが、月間収支として安定させるには苦心なさるかも。

なぜなら、比較的値動きの激しい時(大き目のストップ幅が必要な時)に負けて、深夜など、ほとんど値が動かない時(ストップ幅は小さくて済むが利益幅も見込めない時)に勝っても、互いの損益の大きさが異なりやすいからです。

そこはロット等でカバーなさるのでしょうが、もともと互いの相場自体の期待値が異なりますので勝率も異なってきますし、そもそも「ストップの効率」を考えたつもりで損切り幅を変動させてまで「トレードの効率」その物が劣っている時にトレードする必要があるのかも疑問です。

ここまで申し上げなくとも「異なる条件を織り交ぜるよりも常に同じ条件だけで繰り返すほうが結果が安定しやすい」とだけ申し上げたほうがご理解いただきやすいでしょうか。

ヒロさんの仰っておられる損切り幅の変動は、各々の経験や判断力に大きく依存する難度の高いトレードです。

忘れてはならないのは、損切り幅を変動させたらさせたで、今度は損切り幅を変動させたことが裏目に出てしまうことも多々起こるということです。相場ですので当然ですよね。

ですので損切り幅の変動も、各々の経験や判断力如何と言うことになりますので、損切り幅を変動させること自体には、根本的な問題を解決する力はありません。結局はその人次第と言うことですね。

もし、月間収支を安定させることが目的なら、1番儲かりやすいトレード以外は一切しないことが最も簡単な方法です。普通に考えても、私はこれが物事の道理だと思うのですが。

もしかしてヒロさんは、ご自分にとって1番儲かりやすいトレードになる条件や環境、ご自分にとって何が有利で何が不利なのか、その自覚があやふやなのかも知れないですね。

間違っていましたら申し訳ございません。失礼をお詫び申し上げます。

アドバイスいただいた方へ

お忙しいところ、貴重なお時間を使い
コメント、アドバイスいただき
ほんとうにありがとうございます。

短いですが、感じたことを
7/25の記事に書いてみます、
よろしかったら見てください。

ありがとうございます。
プロフィール

ヒロ

Author:ヒロ
2005年 株式投資開始

2006年に損正義先生よりハイエナ戦法を学ぶ

2009年11月よりFXも開始

現在はイタリアンレストランで働きながら、
専業投資家になるべく勉強中

愛車 GTO

趣味 ビール作り 星空観測 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
PR・広告
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
つながり & Moon
 トレーダーズグリーンクラブ
CURRENT MOON
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
フリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。